FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブースターパック「なのはStS」U・C考察(赤・青編)
公式更新履歴の『ユーザーサイト更新[並び替え]』を見たときのドキドキ感がたまらない。
少しずつ少しずつ前に(上に)来てるねぇ……。
4ページ目だった頃が懐かしいです。

前回に引き続きU・C考察でも。

高町 なのは U
レベル1・コスト1 トリガー:ソウル+1
パワー5500 ソウル1 特徴:《魔法》《武器》
【永】 他のあなたの、「センターガード ティアナ」と「キャリバーズ スバル&ギンガ」がいるなら、このカードのパワーを+2000。

あやまれ!順平&ヘルメスにあやまれ!
センターガード ティアナ効果でパワーが+500されるので、条件を満たせば確実にパワー8000に到達する。
センターガード ティアナが後列に二枚揃えば8500。オレ様至上主義者ラハール姉御肌のプリニー×2でも勝てねーぞw
条件が優秀なアタッカーと優秀な支援キャラというのがこのカードの評価を大きく上げている。

聖王ヴィヴィオ U
レベル3・コスト2 トリガー:ソウル+1
パワー10000 ソウル2 特徴:《魔法》《王族》
【永】 このカードの正面のキャラのソウルを-1。
【自】 このカードが【リバース】した時、このカードとバトルしているキャラのレベルが2以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。

基本的にパワー負けしないパワー10000のキャラだが、それに相打ちまでついていると相手は非常にアタックしにくいだろう。
サイドアタックしてもソウル-4されるため、自爆特攻を誘うカードとも言える。

姿偽る諜報者ドゥーエ C
レベル0・コスト0 トリガーなし
パワー1500 ソウル1 特徴:《メカ》《秘書》
【自】[②] このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の《メカ》のカードを1枚選び、手札に戻す。

《メカ》サルベージ。前線でサイドアタック要員にしつつ、クライマックスのトリガー状況次第で効果を使うか選ぶ感じだろうか。
以前からの基準だと少々コストが重く感じるが、ディズガイアからの流れではこのコストが適正とされているようだ。

潜行する密偵テイン C
レベル0・コスト0 トリガーなし
パワー2500 ソウル1 特徴:《メカ》
【自】[② このカードを手札に戻す] 他のあなたのバトルしているキャラが【リバース】した時、後列にこのカードがあるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのカードを手札に戻す。

条件下で2コストキャラ回収をやっているようなものなので、コスト効率は非常に悪い。
が、パワーも2500と支援キャラにしては十分にあるので、効果が不要だと思えばアタック要員にできる。

トーエ&セッテ C
レベル1・コスト1 トリガー:ソウル+1
パワー6000 ソウル1 特徴:《メカ》《武器》

特徴に恵まれており、サーチ・サルベージが容易かつコンボを組みやすい。
が、同特徴で手札アンコール持ちのオットー&ディードの方が使いやすいだろう。

シルバーカーテン U
レベル1・コスト2 トリガーなし
イベント
【カウンター】 あなたは自分のキャラすべてに、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 バトルしているこのカードが【リバース】した時、あなたの手札が相手の手札以下なら、このカードを手札に戻してよい。』

手札差のついた劣勢場面で力を発揮するカード。
相手との手札差が(このカードを含めて)1枚差あれば、全員やられたとしても全員回収できる。
(手札に戻る条件は相手の手札『以下』であることに注意したい)
元々無くなるはずのアドバンテージを回収できると考えれば、1枚+2コストで3枚サルベージと非常に強そうに見える。
しかし回収できるのは元々パワーで負けているカードであることに注意したい。

ユニゾンイン
レベル2・コスト0 トリガーなし
イベント
【カウンター】 あなたは自分のレベル2以上のキャラを1枚選び、そのターン中、レベルを+1し、パワーを+2000。

0コスト助太刀の中では最高クラスの値。
レベル+1効果は使い勝手が難しい。レベル2以下と相打ちするキャラがフロントアタックしてきた時に使える程度か。

メカニックデザイナー シャリオ U
レベル0・コスト0 トリガーなし
パワー500 ソウル1 特徴:《メガネ》
【永】 他のあなたの、《武器》か《メカ》のキャラすべてに、パワーを+500。

なのはStS全体の傾向として、この特徴のいずれかを持つキャラは非常に多い。
擬似的な全体強化になり得る効果。

通信士アルト&ルキノ U
レベル0・コスト0 トリガーなし
パワー1000 ソウル1 特徴なし
【自】[① 手札の《武器》のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《武器》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。

1コストで手札の《武器》を山札にある好きな《武器》と入れ替えられる。
引きすぎたレベル0をアタッカーに変換することができるが、コストの使いすぎに注意。

リィンフォースⅡ U
レベル0・コスト0 トリガーなし
パワー1000 ソウル1 特徴:《魔法》《ユニゾン》
【自】 絆/「“最後の夜天の主”はやて」 [①]

青の主力キャラを引き連れて来ることができる。それだけで十分優秀。

猛き守護獣ザフィーラ U
レベル1・コスト0 トリガーなし
パワー4500 ソウル1 特徴:《魔法》《使い魔》
【自】[このカードを控え室に置く] 他のあなたのキャラが舞台から控え室に置かれた時、後列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのカードをそのカードがいた枠に【レスト】して置く。

レベル1になり、パワーが上昇した“ミステリックブルー”美魚といったところ。
十分前列に出せるパワーがあるので、引きすぎて困ることはないが器用貧乏さが否めない。

ヴェロッサ&シャッハ U
レベル2・コスト2 トリガー:ソウル+1
パワー9000 ソウル2 特徴:《魔法》《秘書》

何の変哲もないファッティ。
デッキからパワー不足を感じるなら投入すれば良いだろう。

ラグナ・グランセニック C
レベル0・コスト0 トリガーなし
パワー2500 ソウル1 特徴:《眼帯》
【起】[①] あなたは1枚引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。

1コストで手札交換。しかも何度でも使用できる。
序盤どうしてもコストを使いたい場面だったり、クライマックスを引きすぎた時などに重宝するだろう。
パワーも2500と十分前列に出せるレベル。

八神 はやて C
レベル0・コスト0 トリガーなし
パワー3000 ソウル1 特徴:《魔法》《本》

3000バニラ。特徴がなかなか優秀。

グリフィス・ロウラン C
レベル0・コスト0 トリガーなし
パワー1000 ソウル1 特徴:《メガネ》
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。

基本的な応援キャラ。
だが、なのは環境では特徴指定のパンプキャラが優秀なこともありなかなか採用されにくいだろう。

狙撃手ヴァイス C
レベル1・コスト1 トリガー:ソウル+1
パワー2000 ソウル1 特徴:《魔法》《武器》
【起】【カウンター】 助太刀2000 レベル1 [① 手札のこのカードを控え室に置く]

基本的な助太刀。エリオ・モンディアルとは色以外の全てが合致する。

査察官ヴェロッサ C
レベル1・コスト1 トリガー:ソウル+1
パワー1000 ソウル1 特徴:《魔法》
【永】 アラーム このカードがクロックの1番上にあるなら、あなたのキャラすべてに、次の能力を与える。『【自】 このカードとバトルしているキャラが【リバース】した時、あなたは1枚引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。』

直接アドバンテージには作用しないが、手札交換を行うことができる。
相性が良いのは雪村 杏Yシャツの美夏のコンボデッキなどだろうか。大量にドローしたことで引き当ててしまったクライマックスを捨てることで、アンコールの種を揃えやすくなる。

シャッハ・ヌエラ C
レベル1・コスト1 トリガー:ソウル+1
パワー6000 ソウル1 特徴:《魔法》《武器》

特徴に恵まれているバニラ。

修道女シャッハ C
レベル2・コスト1 トリガー:ソウル+1
パワー7500 ソウル1 特徴:《魔法》《武器》
【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]

手札アンコール以外特にテキストは持たないが、レベル1以下のキャラとのバトルには基本的に負けないため
その場持ちの良さを生かしてストックを節約し、他の強力なキャラを出して行きたい。

アルトの誓い U
レベル1・コスト2 トリガーなし
イベント
【カウンター】 あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたは2枚引いてよい。』

レベルが下がった代わりに条件の付いた人形劇
ドローするタイミングは控え室に置かれた時なので、カウンターステップで撃ったとしても基本的にアンコールステップまでドローはできない。
不要なキャラを張替えする時、上書きされるキャラに撃つことで人形劇とほぼ同じ使用感を得られる。
人形劇の使用率は低かったが、旧タイトルに比べて全体的に(特にカードアドバンテージに関するカードが)弱体化の傾向にある現在のタイトル中では
2コストのイベントで2ドローは十分に強力な効果。

守るべきもの U
レベル2・コスト4 トリガーなし
イベント
あなたは自分のクロックを3枚まで選び、控え室に置く。このカードを思い出にする。

回復イベント。木琴占いの相互互換。
しかしクロックが3枚以上無ければ使いにくく、また1回のアタックフェイズだけでは稼ぎ切れないコスト4の重さが気になりがち。

預言書の著者 C
レベル2・コスト2 トリガーなし
イベント
あなたは1枚引き、自分のクロックを1枚選び、控え室に置く。このカードを思い出にする。

これまた木琴占いの相互互換。
キャントリップ効果が付いた代わりに、回復量が減少している。効果こそ低いものの、カード・アドバンテージを失わないため気軽に撃ちやすい。

テーマ:ヴァイスシュヴァルツ - ジャンル:ゲーム

【2008/12/04 23:21】 | ヴァイスシュヴァルツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【低予算デッキ/NS】 | ホーム | ブースターパック「なのはStS」U・C考察(黄・緑編)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kudryavka7500.blog116.fc2.com/tb.php/68-1b530be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。